RNCD-001

●RNCD-001
「rev-node compilation vo.1」- Test Pattern , Command[Z] , M.O.M -

2000年11月15日全国発売。 1500yen (without TAX) お問合せ

1 : trunk ( Test Pattern )

2 : Warning ( Mouth of Madness )

3 : Follow a Crow ( Command Z )

4 : who's bad ( Mouth of Madness )

5 : pecho ( Test Pattern )

6 : deathly wife ( Mouth of Madness )

7 : new funk for a woman ( Command Z )

- 混沌の宇宙遊泳! -

音響派ジャズ、サイケデリック・ハードコア、トリップ・ホップ・ポップというまるで惑星連邦会議に介する面々を眺める様な、一見何の共通性も見いだせないジャンル完全無視のコンピレーション。しかし、緩やかだが確実に聴くモノの何かを、それぞれのアーティスト達は刺激する。このCDは私が未知なる宇宙空間で体験した数々の不思議な事件を追想させ、リラクゼーションを感じながらも覚醒してゆくという意識変容をもたらした。それぞれのアーティストが産み出すアブストラクト感を捉え得たレーベル rev-node records はイノベイター的存在として目が離せない!(U.S.S. Enterprise crew Mr. KATOU)

- 未知のトビラを明けてしまった感じ -

1曲1曲がまったく違う光を放っていて、それぞれが別の世界を作り出してる。コンピレーションにはよくある話だけど、このアルバムの場合、全体を通して聴いてみると不思議と一貫性がとれているところが一味ちがう。その理由の1つに挙げられるのが「妖しげな雰囲気」。たとえば、鉄琴っぽい音で不協和音をポツリポツリと無造作に紡ぎ出す1曲目の場合を例にとると、ただ適当に不協和音どうしを並べているんじゃなくて、そこにはとても緻密な「音の法則」が隠されているワケ。だから、自分の意志とは無関係にどんどん曲の世界に引き込まれていってしまう。なんていうか、「抜けられない迷路に迷い込んでしまった」みたいな感じ。全体的に、この「法則」によって作り出される妖しさが際立つ不思議な作品。(Karin)

music axessにて試聴可能です。

全国のCDショップにてご注文、ご購入頂けます。
ディスクユニオンindiesmusic.comでもweb上での購入が可能です。)


参加アーティスト紹介


・Test Pattern・

Ju Muraoka (guitar , keybord , glockenspiel , MD , voice)

Ryouhei Omori (bass)

Kazunori Tanizawa (drums)

 

ミニマルフレーズから3人編成とは思えないほど美しく重なり合ったハーモニーまで、独特の展開で拡がりを見せ、新しい空間を創り上げる。生楽器の響きを大切にしたその楽曲は涼やかで瑞々しい後味を残してくれる。と同時に、多様なエフェクト処理とインプロヴィゼイションから生み出されるはかなくも危うい「間」を持った情景が、加速度的に1つの粒子に収束していくような、緊張感あふれる世界をも垣間見せる。rev-node recordsの中心的存在。


・Command[Z]・

Takatomo Ikegami (all instruments)

 

エンジニアとしても活動している一人トリップホップユニット。デジタル機器を駆使しつつもフレキシブルで柔軟なアプローチで直接身体感覚に働きかける楽曲をリアルタイムに構築していく。その刺激的な音世界からは、デジタル機器から繰り出されるアブストラクトな感覚に富むビートをターンテーブルDJ的にその時々の空間に合わせて操り、産み出される曖昧で脆弱なサウンドと、ミニマルでありながらも耳に残るメロディックなフレーズを全面に押し出したトリップ・ホップ的でディープな拡がりを持つ曲展開、という二つの大きな要素が読みとれる。


・M.O.M・

Satoru Shimomura (drums , vocal)

Hideki Ikemoto (guitar , vocal)

Clover (Bass , vocal)

 

岡山のラウドミュージックシーンを支えてきたバンドの一つ。グラインドからハードロック、プログレ、テクノ、ドラムンベースまで様々な要素をメタルエッジな展開に注ぎ込み、独特のグルーヴ感を生み出している。変幻自在に疾走する彼らのサイケデリック・ハードコアとでも言うべきサウンドには否応無しに引き込まれてしまう。数々のバンドとの共演をこなしてきた彼ら。ライブではその空間の持つ空気を操り、大きな「渦」を創りあげ、その場に存在するもの全てを巻き込んで展開していく。S.O.S RECORDS より 1st album 「13」 発売中。



back

 
Copyright (C) 2000-2017 rev-node records. All Rights Reserved.












inserted by FC2 system